2013年09月11日

「シェリル・クロウ チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ」斬新な楽曲に彩られたデビュー作!


シェリル・クロウ 「チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ」

俺の記憶がただしければ、シェリル・クロウの歌を始めて聴いたのは、確か94年だったと思う。

当時(94年)、某TV局で深夜帯に「ビートUK」という洋楽の最新ヒット・チャートを紹介する番組があったんです。 丁度、俺は高校を卒業してすぐの頃で、それこそ車の免許も取り立て、酒もタバコも覚えたてという状態で、大人の社会に押し潰されないように、毎日相当に背伸びしていた。(笑)

毎週末になると、決まって悪友数名で友達の家に集まって、酒を飲みながら徹夜で麻雀やTVゲームで遊んだりしていたね。多分、この時期だったと思う。 シェリル・クロウの歌、始めて聴いたのって・・・。

友達の家で深夜、麻雀しながら「ビートUK」から一瞬だけ流れてきたシェリル・クロウの歌「オール・アイ・ワナ・ドゥ」を聴いたんだ。

この曲「オール・アイ・ワナ・ドゥ」を聴いた時、ボブ・ディランみたい女性シンガーだなあ〜と思ったのを覚えている。当時のシェリル・クロウは日本ではまだ無名だったと思うが、ほんの一瞬だけ耳に挟んだ彼女の歌を聴いて、すぐに「コイツは売れるだろうなあ〜間違いなく・・・。」って感じた。

一聴した感じではボブ・ディランみたいなフォーク・ロックだが、実に斬新でユニークな曲、形容するなら新しくて、古い音楽、それがシェリル・クロウの歌だった。

それにしても、このシェリル・クロウのデビュー作「チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ」はなんて素晴らしい作品なんだろうか?まるで上質のロード・ムービーを観ている様な感覚、一曲目の「ラン・ベイビー、ラン」の広大なアメリカ大陸を疾走する高揚感、それはまるで音という世界の中にある景色をとても鮮明に観ているような、実に感動的な歌だった。

98年に俺は、単身でアメリカ西海岸にあるロサンゼルスに留学した。学校の休みを利用して、当時ルームシェアをしていた友人(哲平君)と人生初のラスベガス旅行に行った。ラスベガス大通りの到る所に設置されている大きなスピーカーから、本作収録の「リービング・ラスベガス」が流れてきた瞬間、それまで音の世界の中で観ていただけの「アメリカの景色」が、初めて自分の目の前で現実世界の一部として広がった気がした。

シェリル・クロウ 「チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ」
独自採点・96点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking





posted by rocks1976 at 09:05| Comment(0) | 洋楽ポップス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

「マライア・キャリー」奇跡の妖精が舞い降りた・・・。7オクターブの歌姫・マライア・キャリー、衝撃のデビュー・アルバム!1990年発表。


マライア・キャリー 「マライア」

マライア・キャリーのことが好き過ぎて、何から喋っていいのか?
彼女の歌の素晴らしさ、容姿の美しさ、どうやって伝えようか?
まずは、デビューアルバムにしてグラミー賞の2部門を獲得(最優秀新人賞、最優秀女性ポップ・シンガー)した1990年の「マライア」を選んでみた。

デビューアルバム「マライア」の中ジャケの写真を見ると、この頃のマライア、めっちゃ細い!(笑)
スーパーモデル並みの抜群のプロポーション(当時は177p、56キロだった。)と19歳とはとても信じられない洗練された歌声。オペラ歌手だった母親の影響もあり、幼少の頃から歌っていたそうだ。
彼女の声には、確かに人の心を突き動かす何かが存在する。
身も蓋もない言い方になるが、その「何か」こそがマライアが生まれ持った才能ってヤツなんだろう。努力や経験を積めば誰でも歌を上手く歌うことは可能だが、マライア・キャリーの歌声はまさに奇跡だ!誰も彼女にはなれない。マライア・キャリーが天才シンガーたる由縁は、如何なるテクニックも経験も彼女の天声の歌声の前には、陳腐で無用の長物と化してしまうからだろう。

世界の歌姫にして今やビルボードの「No.1」獲得シングルの枚数が、あのエルビス・プレスリーと並ぶ18曲(単独アーティストとしては歴代1位タイの記録です!)を誇るマライア・キャリー。彼女の華麗なる「No.1歌姫」伝説は、このデビューアルバム「マライア」から始まりました。このアルバムは、ビルボードのアルバム・チャート1位を獲得し、現在(2013年)までに、全世界で1,800万枚以上売り上げています。更にビックリなことに、アルバムからシングル・カットされた4曲全て(「ヴィジョン・オブ・ラブ」、「サムデイ」、「アイ・ドント・ワナ・クライ」、「ラブ・テイクス・タイム」)が、ビルボードのシングル・チャート1位を獲得するという前代未聞の快挙を成し遂げました! スーパー・スター〜マライア・キャリーが誕生した記念碑的な名盤です!

マライア・キャリー 「マライア」
独自採点・100点!!!(久々に100点満点が出た〜っ!)
(100点満点中)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking


 

posted by rocks1976 at 23:15| Comment(0) | 洋楽ポップス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

「ロバータ・フラック やさしく歌って」珠玉のソウル・バラードに酔いしれたい


ロバータ・フラック 「やさしく歌って」

個人的に一番好きな女性ソウル・シンガーの一人だなあ〜ロバータ・フラックって。
パワフルなソウルというよりも、包み込むようなやさしさ、包容力が抜群にある。
故に彼女の歌い方、声質には極上のスウィート・バラードが良く似合う。
気だるさの中にも何処かそこはかとない安らぎと強さを彼女の歌には感じます。
例えば、1人でふらっと立ち寄ったバーにロバータ・フラックの素敵な歌声が流れていたら、気分良く酔えそうだな。このブログを書いている今も、とあるバーのカウンター席で一杯やっています。なにやら騒々しいBGMが流れている。居心地悪いからそろそろ帰るとしよう。ロバータ・フラックの「やさしく歌って」をBGMに自宅で飲み直しま〜す。(笑)

ロバータ・フラック 「やさしく歌って」
独自採点・93点
(100点満点中)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking








posted by rocks1976 at 21:06| Comment(0) | 洋楽ポップス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

「マライア・キャリー エモーションズ」ダンス・ナンバーからゴスペル・バラードまで。7オクターブの妖精〜極上のヴォーカル・アルバム!1991年度作品。


マライア・キャリー 「エモーションズ」

全米アルバム・チャート〜最高位4位(累計売上〜1,000万枚)

アルバム〜「エモーションズ」からシングル・カットされた曲

1〜「エモーションズ」〜全米シングル・チャート最高位1位
2〜「キャント・レット・ゴー」〜全米シングル・チャート最高位2位
3〜「メイク・イット・ハップン」〜全米シングルチャート最高位4位

今年(2014年)、5年振りのオリジナル・アルバム発表が噂されているマライア・キャリーだが、今回、紹介するのは〜91年発表のセカンド・アルバム〜「エモーションズ」。

アルバムのオープニングを飾るのは、ダンス・ナンバーの「エモーションズ」。もはやマライア・キャリーの代名詞ともなった7オクターブの歌声が、ダンサンブルなグルーヴに乗り、まさしく天まで飛翔するかの如く突き抜けていて爽快だ!うん、実にエモーショナルなひと時だ。

ファーストアルバム〜「ヴィジョン・オブ・ラブ」に比べると、ポップス色が薄まり〜楽曲がよりソウル・フルで力強くなった。シングル・カットされた「メイク・イット・ハップン」もゴスペル風で、マライア・キャリー本来のルーツに根差した素晴らしいダンス・ナンバーである。
個人的な意見として〜本作収録のバラード曲「キャント・レット・ゴー」は、マライア・キャリーの数ある名バラードの中でも、とりわけダイヤモンドの様な輝きを放つ名曲だと思う。

アルバムのエンディングを飾るのは〜異色のジャズ・バラード曲〜「ザ・ウィンド」。
ラス・フリーマンのスタンダード・ジャズに、マライアが詞を書いた曲で、特に出来が素晴らしい!
是非是非、一度〜聴いてみてくれ!

マライア・キャリー 「エモーションズ」
独自採点・98点
(100点満点中)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

2014年06月04日

マライア・キャリー 「ミー。アイ・アム・マライア」5年振りのオリジナル・アルバム、待望のリリース! 


マライア・キャリー 「ミー。アイ・アム・マライア」

前作、「メモワール」(2009年)以来、5年振りとなるマライア・キャリーの通算14作目のスタジオ・アルバム「ミー。アイ・アム・マライア」がいよいよ本日発売。(2014年6月4日)

マライア・キャリーのニュー・アルバム発売のニュースは、2011年頃から噂されていたが、レコーディングが延びたり、または双子の赤ちゃんを出産したりといった諸事情により発売が延期されていたそうです。
また、それ以降もジャスティン・ビーバーとデュエットしたり、人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」で審査員を務めたりと、華やかな話題には常に事欠かないマライアであったが、ようやくニュー・アルバムが完成した。
先行シングル曲の「ビューティフル」が全米チャート最高15位という好調なスタートを切ったマライア・キャリー。今後、この最新作からシングル・カットされチャートの上位を席捲するヒット曲が新たに誕生するのは間違いないだろう。
復活した世界の歌姫〜マライア・キャリーから今後も目が離せない。

マライア・キャリー 「ミー。アイ・アム・マライア」
独自採点・97点
(100点満点中)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

posted by rocks1976 at 10:27| Comment(0) | 洋楽ポップス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

「マライア・キャリー ヴィジョン・オブ・ライブ」〜MTVの企画で実現した唯一のライブ音源!92年発表。


マライア・キャリー 「ヴィジョン・オブ・ライブ」

累計売上枚数〜900万枚
全米ビルボード・アルバム・チャート〜最高位〜3位
シングル曲〜「アイル・ビー・ゼア」〜2週連続全米シングル・チャート1位!!

実に初々しいね!この頃のマライア様!
少し照れながらも歌う姿は凄く可愛いし、今ほど露出も大胆ではない。(笑)ってか、終始〜黒のライダースのジャケットを羽織っていてるので、ほとんど露出していない感じ。こんなにも恥じらいながら歌う20歳の女の子がその数年後には、セクシー歌姫に大変身しちゃうのだから、女は怖い・・・。(笑)勿論、ファンとしては、セクシー路線のマライア様も大好きだが。

本作〜「ヴィジョン・オブ・ライブ」は、MTVのライブ企画で実現したマライア・キャリー唯一のライブ音源であるかして、非常に貴重なCDです!シングル・カットされチャートで1位を獲得したジャクソン5のカバー曲〜「アイル・ビー・ゼア」もこの日のライブ・バージョンでした。このMTV企画が実現するまで、マライア・キャリーの歌唱力って、どうなの?って噂があった。実際にライブで歌えるのか?もしかしたら、可愛い顔してるし、ホントは口パクのアイドルなんじゃないの?とか色々言われていた。
しかし、そのライブでのマライア・キャリーの歌唱は、意地悪な音楽ファンの邪推なんぞ、軽々と超越するほどの実力だった。7オクターブという驚異的なヴォーカル・レンジとその表現力に誰もが、酔いしれ〜そしてノックアウトされること間違いなしです! このライブ音源は、マライア・キャリーというスーパー・ディーヴァの真の実力を世界中に知らしめたという点でも、高い評価に値する名盤とみていいだろう。
個人的に大好きだった初期の名曲〜「サムデイ」もこの日のライブでは、素晴らしいライブ・バージョンを披露していて、実に感動的だ!最近のライブでは、めっきり「サムデイ」を歌わないが、またこの曲をライブで歌って欲しいなあ〜などと願いつつ、今夜も「ヴィジョン・オブ・ライブ」を聴こう!

マライア・キャリー 「ヴィジョン・オブ・ライブ」
独自採点・96点!
(100点満点中)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

posted by rocks1976 at 21:00| Comment(0) | 洋楽ポップス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。