2014年08月05日

「エアロスミス ホンキン・オン・ボーボー」 バンドのルーツに根差した極上のブルース・カバー・アルバム!


エアロスミス 「ホンキン・オン・ボーボー」

2003年に発表されたエアロスミス唯一となるカバー・アルバム! この年は、確かサッカーのワールドカップが日韓合同で開催された年だったな。俺はワーホリでニュージーランドのオークランドにいた。韓国のサポーター達(サッカーの話だぜ!)が、ここぞとばかりに青色のナショナル・チームのユニフォームを着て、オークランド市内のスポーツ・バーを占拠していたな。凄い団結力というか、愛国心だなあ〜と圧倒されたのを覚えている。とは言え〜サッカーなんぞに何の興味のない俺には、「騒々しいから、早いところ終わってくんないかな、このバカ騒ぎ。」くらいにしか思わず、おまけにエアロのアルバムが出たことも、当時の目まぐるしい現地の生活の中では知る由もなかった。

んなわけで、このアルバム〜「ホンキン・オン・ボーボー」を聴いたのは、発売後〜何年も経った後だった。
エアロのルーツであるスタンダードなブルースのカバー・アルバムだが、やはりエアロスミスが演奏すると、ちゃんと彼らのオリジナル曲みたいに聴こえるからカッコいい! カバー曲といえど、彼らの強烈な個性、オリジナリティが楽曲を消化して尚且つ凌駕している。最高の仕上がりだと思ったね!
「ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー」は、レッド・ツェッペリンの殿堂入りの式典の時、スティーブン・タイラーとジョー・ペリーが飛び入りして、レッド・ツェッペリンとジャムった曲だったので、なんとなく聞き覚えのある曲だった。こうして、ブルースのカバー・アルバムを聴くと、初期のエアロスミスを思いだす。特にファーストアルバムの「野獣生誕」。ボストン界隈のクラブをサーキットしていた頃のエアロスミスは多分、毎晩〜本作の様に粗削りでイキのいいブルースをブチかましていたんだろうと。(笑)
ジョー・ペリーの歌う「ストップ・ミッシン・アラウンド」が妙にクールで、ホットな楽曲群の中でも一際異質、いいアクセントになってるね!
改めて、エアロスミスの個性、バンドとしての生命力に脱帽した!

エアロスミス 「ホンキン・オン・ボーボー」
独自採点・93点!
(100点満点中)

にほんブログ村



posted by rocks1976 at 23:41| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。