2013年03月24日

「LED ZEPPELIN 最終楽章(コーダ)」      ZEP伝説の最終章! 1982年発表。


レッド・ツェッペリン 「最終楽章(コーダ)」

ドラマーのジョン・ボーナムの死後に制作・発表されたので、全て未発表音源です。
未発表音源=アルバムから漏れた曲=ボツ曲の寄せあつめ集か?と思われるかも知れません。
が、この「最終楽章(コーダ)」は、ボツ曲の寄せあつめ集なんかではありません。 メチャクチャ素晴らしいです! メチャクチャカッコいいです! 特に1曲目、「ウィアー・ゴナ・グルーヴ」のテンションの高さ、このカッコよさは何だ!?これぞレッド・ツェッペリンの真髄、爆音の16ビートグルーヴ炸裂!!
この曲はアルバム「2」の制作時の未発表音源らしいのだが、なぜ「2」に収録しなかったのか謎です。
3曲目の「君から離れられない」もファーストアルバムのバージョンよか「コーダ」のバージョンの方が、ずっとカッコいい! 亡きドラマーに捧げる曲「モントルーのボンゾ」はジョン・ボーナムのドラムソロをジミー・ペイジが編集した曲です。 尚、このアルバムは1980年の解散から2年後の1982年に発表されました。去り際のカッコよさもツェッペリンが伝説のバンドとなった要因の一つだね!

レッド・ツェッペリン 「最終楽章(コーダ)」
独自採点・95点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

アンケートモニター募集中D STYLE WEB 会員登録プロモーション
モニターサイト『ファンくる』
CMを見てポイントをためよう!

posted by rocks1976 at 19:12| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。