2016年07月24日

スティーブン・タイラー 「サムバディ・フロム・サムウェア」史上最強のロック・ヴォーカリスト、初のソロ・アルバム!!!


スティーブン・タイラー 「サムバディ・フロム・サムウェア」

以前から噂のあったスティーブン・タイラー(エアロスミス)のソロ・アルバム企画。

今回〜満を持してのリリースとなった。

ナッシュビルから届いた本作は、従来のエアロスミスのハードロック路線とは確かに異なる

カントリー音楽のドライなテイストをふんだん取り入れてはいるが、

スティーブン・タイラーという史上最強のロック・ヴォーカリストの力は、

やはり〜とてつもなく大きい。

スティーブンのプレゼンス、発する磁場は、やはり〜特別でサウンド云々なんて能書きがど〜でもよくなるくらい素晴らしい特別な力に支配されている。

仮にスティーブン・タイラーが演歌を歌ったとしても、

やはり〜とてつもなくロックだと感じるだろう。

なので、この際〜カントリーだろうが、ナッシュビル録音だろうが、

ファンとしては関係ない。

アルバム全体を通して、スティーブン・タイラーの歌唱は、

誰にも到達出来ない孤高の最高地点にあると思う。

ヒット・シングルの「ラブ・イズ・ユア・ネーム」も素晴らしい出来だが、

自らカバーしたエアロスミスの「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」のマイナー調のカントリー仕上げには脱帽した!

改めて〜スティーブン・タイラーのカッコ良さにシビれている。

ロック・バンドのフロンマン(ヴォーカリスト)が作り上げたソロ・アルバムとしては、

本作は間違いなく最高の部類の作品に位置するだろう。

独自採点〜97点(100満点中)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by rocks1976 at 22:16| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。