2013年08月07日

「ドアーズ 太陽を待ちながら」人気絶頂の最中発表されたサードアルバム!全米ナンバー1シングル「ハロー、アイ・ラブ・ユー」収録。


ドアーズ 「太陽を待ちながら」

個人的にドアーズのアルバム全タイトルの中で、この「太陽を待ちながら」が一番好きだ。
最も良く聴き込んだアルバムだし、何しろ思い入れがあるなあ〜
このアルバム、俺が初めて聴いたのは2002年だった。当時俺はニュージーランドで一年間のワーキングホリデーの真っ最中だった。ホームステイとセットのお約束の語学スクールでの英語の勉強が終わった俺は、取り敢えずオークランド市内(ニュージーランド最大の都市)の安宿に転がり込んだ。これでやっと、異国の地で自由になれた〜そんな気分を満喫していた。ワーキングホリデーで就労ビザがあるにも関わらず、俺は働きもせずニュージーランドで毎日、昼間から大酒を喰らいストリップ・バーやカジノに入りびたって、いいテンションまで自分を高めると、公園や市内のメイン・ストリートにギターを持って行って路上で歌を歌っていた。所変われど、人間って早々変われるモンじゃないって、この時悟ったよな。(笑)「どこまでも自由」〜言葉や歌の詞にしたら美しい表現だけど、これを現実の世界に置き換えると、「リミッターの作動しない無限の快楽や欲望」ってことになるだろ?それはそれで怖いよなあ〜「どこまでも自由」であり続けたら、その先に待っているのは、ジム・モリソンやジミ・ヘンやジャニス・ジョップリンのような誰も永遠に理解してくれない孤独な死だと思ったね。
そんなある日、オークランド市内のレコード屋で手に取ったのが、このドアーズのアルバム「太陽を待ちながら」だった。ニュージーランドで路上シンガーを続ける孤独な日々、安宿の自室で、毎晩このアルバム「太陽を待ちながら」を繰り返し聴き続けた。ドアーズ、しいてはジム・モリソンが探究した普遍的なテーマ〜快楽、その中にある孤独が完全に理解出来る様な気がした。
アルバムの話、全然してなかったね。この「太陽を待ちながら」は1968年の7月に発表され、アルバム、そしてシングル曲の「ハロー、アイ・ラブ・ユー」共に全米一位に輝いた名作中の名作です! 名実ともにドアーズのバンドとしてのピークは、この「太陽を待ちながら」だったと思うね。最高です!特に「大地に触れずに」と、「河は知っている」、「スパニッシュ・キャラバン」の3曲は激ヤバイ名曲だ!

ドアーズ 「太陽を待ちながら」
独自採点・96点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking








posted by rocks1976 at 22:01| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

「ロバート・プラント プリンシプル・オブ・モーメンツ」好セールスを記録したソロ・キャリアに於ける代表作。


ロバート・プラント 「プリンシプル・オブ・モーメンツ」

レッド・ツェッペリンの元ヴォーカリスト〜ロバート・プラントが1983年に発表した通算2作目となるソロ・アルバム。ソロ第一弾アルバム「11時の肖像」はレッド・ツェッペリン寄りのハードロック・ナンバーが多かったが、本作はよりポップな路線で、ギター・サウンドも抑え気味で、シャウトせずにクリアーで洗練されたロバート・プラント一流のヴォーカル・ナンバーが堪能できる名作です。スッキリと抑えられたサウンドの中で、縦横無尽に歌うロバート・プラント、そこにはレッド・ツェッペリンという破壊的にラウドなロック・バンドで、魂の限り叫んでいたかつてのロバート・プラントの姿を見いだすことは、ちょっと難しいかもしれないが、元々凄く声が真っ直ぐで綺麗な人なので、本作のようにやや抑え気味のサウンドの中で、しっとりとっした楽曲を歌うロバート・プラントもとても魅力的だ。レッド・ツェッペリン時代の「天国への階段」や「レイン・ソング」、「オール・マイ・ラブ」などの抒情的なナンバーは、ジミー・ペイジよりも、むしろロバート・プラントが本来持っていた色なのかもしれないと、本作を聴いて思った。
1曲目の「アザー・アームス」は、当時主流化しつつあったAORとして聴いても凄くポップで洗練されたロック・ナンバーだ。この曲、個人的にはロバート・プラントのソロの曲で一番好きです。カッコいい大人のロックって感じで、どこか憂いを帯びていて凄くいいね! 「ホリゾンタル・デパーチュア」のサビの展開も絶妙にカッコいいし、バラード曲「ビッグ・ログ」なんて最高だね!ひたすら褒めちぎってしまったが、本作はロバート・プラントのソロ・キャリアに於けるピークと位置付けても過言ではない大傑作アルバムだ!!

ロバート・プラント 「プリンシプル・オブ・モーメンツ」
独自採点・94点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking






posted by rocks1976 at 23:00| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

「エアロスミス ライブ・クラシックス」〜77年から83年までの極上のライブ・テイクを厳選したライブ・アルバム!


エアロスミス 「ライブ・クラシックス」

1986年、オリジナル・メンバーでの再結成、そして大復活の兆しが見え始めたこの年、エアロスミスの古巣の所属レーベル・CBSコロンビアが膨大なコンサート・テープの中から厳選したライブ・テイクを編集して発表したのが、本作「ライブ・クラシックス」の「1」、「2」だ! エアロスミスの大復活劇はご存知の通りゲフィン・レコードに移籍した87年の大傑作アルバム「パーマネント・ヴァケーション」からであるが、如何やら古巣のCBSコロンビアとの間にアルバム数枚分の契約を残した形での移籍だったという話だ。古巣のコロンビアから発表された本作は、残された契約を消化するため言わば消化試合との見方もあるのだが、さすがは、コロンビア・レコードが膨大なコンサートのマスター・テープから編集した作品だけあり、音質、演奏共に素晴らしい出来だ! ライブでは貴重な「スリー・マイル・スマイル」〜「リーファー・ヘッド・ウーマン」のメドレーや、未発表曲の「メジャー・バーバラ」を収録しているなど、本作発表に到るレコード契約上の諸事情が色々と複雑だったとしても、新鮮なライブ・アルバムである。因みに俺の大好きな曲・「キングス・アンド・クイーンズ」のライブ・テイクが収録された唯一の作品なので俺的には是非是非オススメしたいね、この作品!
エアロスミス 「ライブ・クラシックス」
独自採点・92点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村






posted by rocks1976 at 22:34| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。