2013年06月01日

「ロバート・プラント 11時の肖像」ZEP解散後1982年に発表したソロ・アルバム第一弾!


ロバート・プラント 「11時の肖像」

レッド・ツェッペリンのヴォーカリスト、ロバート・プラントがバンド解散後に発表した初のソロ・アルバムです。ロバート・プラント再始動への花道となった「11時の肖像」は、UKチャートで最高2位、USチャート3位まで上昇したことからも、概ねレッド・ツェッペリン・ファンの期待を裏切らない名作です!
ダイナミックなブルースとアフリカン・ビートが融合した「スローダンサー」は、ZEP時代のナンバーを彷彿させる傑作。メランコリックなバラード「ムーンライト・イン・サモサ」は、プラント一流の憂いのあるヴォーカルの魅力を堪能できます。満を持してのソロ第一弾アルバム「11時の肖像」は充実した楽曲が目白押しです。ロバート・プラントって、メチャクチャ高い声でシャウトして歌うシンガーってイメージだけど、こうしてソロの作品を聴くと、改めて緩急自在の天才的ヴォーカリストですね!アルバム・ラストのヘヴィ・ナンバー、「ミステリー・タイトル」は、ロック・シンガーとしてのロバート・プラントの健在ぶりを見事に証明している。ロバート・プラントの声のピークは1969年のデビューから1972年頃までと言われている。1973年以降は、度重なる喉のトラブルと手術により声質が激変、音域も狭くなって、それ以前のようなハイ・トーンでは歌えなくなったと言う意見も多いが、やはり、ロバート・プラントは唯一無二の凄いヴォーカリストなのである。ロバート・プラントと言う傑出したロック・シンガーの存在なくして、スティーブ・ペリーもサミー・ヘイガーもフレディ・マーキュリーもヴィンス・ニールもアクセル・ローズも存在しないくらい偉大な人、まさに「ハードロック界の神」です!

ロバート・プラント 「11時の肖像」
独自採点・91点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
大切なブランド高く買取ります!
【モニター大募集!】カンタン登録でお小遣い稼ぎ!
無料で引越見積りが一分でできる!「引越しガイド」引越しガイド

posted by rocks1976 at 21:25| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

「ヴァン・ヘイレン 炎の導火線」 かつてない衝撃! 記念すべきビッグVのデビュー作!


ヴァン・ヘイレン 「炎の導火線」

ヴァン・ヘイレンのファーストアルバム「炎の導火線」。
衝撃度では、ロック史上ナンバーワンかも知れない。 エディ・ヴァン・ヘイレンは、ジミ・ヘンドリックス以来のロック・ギターの革命児、いや、もしかしたら、ジミヘン以上の存在であると言える。エディ・ヴァン・ヘイレンの登場以来、ロック界に於けるギタリスト達は、こぞって速弾きやタッピングと言った究極とも言えるギター奏法を競い出した。やはり、エディ・ヴァン・ヘイレンという天才ギタリストの登場がロックの歴史上に与えたいインパクトは計り知れない。
とは言えヴァン・ヘイレンは天才ギタリストを擁する単なるギター・バンドではない。 バンド自体も80年代以降のロック・シーンを牽引する力とヒット性を持ち合わせた、まさにスーパー・ロック・グループだった!
1978年発表の本作「炎の導火線」は、ヴァン・ヘイレンが一大センセーションを巻きこし、その後のロック・シーンで王者として君臨するための布石となった衝撃の傑作アルバムだ! エディ・ヴァン・ヘイレンのギター奏法は、とてつもなく凄まじいが、決してマニアックではない。むしろアメリカ人特有の陽気さ、豪快な気質ゆえのセンスを感じる。 凄い演奏であると同時に分かり易くポップな楽曲と、ブルースをベースとしたロックの骨太さに満ちている。 1980年代のロック・シーンはヴァン・ヘイレンがあらゆる面でリードしていた。このアルバム「炎の導火線」は、その記念すべき幕開けとなった、まさに歴史的な名盤と言えるだろう!

ヴァン・ヘイレン 「炎の導火線」
独自採点・96点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
旅行先でも大丈夫!歯医者さん検索!
ライフメディア入会

ガル・エージェンシー錦糸町店


posted by rocks1976 at 10:35| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

「ジューダス・プリースト 運命の翼」メタル・ゴッド降臨!1976年発表の最高傑作! 


ジューダス・プリースト 「運命の翼」

ヘヴィ・メタルと言うジャンルがまだ一般的に認識されていなかった1976年。
いや、正確に言えば、まだ誕生していなかったのかも知れない。
ジューダス・プリーストの本作、「運命の翼」(76年発表のセカンド・アルバム)こそがヘヴィ・メタル誕生の瞬間だったのだから。
ジューダス・プリーストこそがヘヴィ・メタルの創造主、真の「メタル・ゴッド」であり、この衝撃的なアルバムこそが、メタル界のバイブルなのである。改めて聴き返したが、やはり凄い!
ジューダス・プリーストは本作以降、「神」として君臨し続けるわけだが、俺の中では全米制覇した「復習の叫び」よりも、集大成的な意味合いを持つ「ペイン・キラー」よりも、本作「運命の翼」こそが、ジューダス・プリーストの最高傑作だ! 
重厚でヘヴィなギター・リフ、素晴らしい曲構成。何より「静」と「動」のコントラストが最高だ!
5曲目の美しいインスト、「プレリュード」〜6曲目の壮大なメタル叙事詩「タイラント」に続く構成は、これぞまさにヘヴィ・メタル誕生の瞬間だ!
ブラック・サバスのヘヴィネスさにクイーンのメロディアスさを掛け合わせると、この「運命の翼」のジューダス・プリーストになるような気がする。サウンドは破壊的な衝動性に満ちていて、どこまでも暗いが、メロディやハーモニーには透明感のある切なさすら漂う。ジューダス・プリーストもまたロック史に残る奇跡のロック・バンドの一つだ! 8曲目の「エピタフ」の美しさに鳥肌が立つ!

ジューダス・プリースト 「運命の翼」
独自採点・95点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
【パートナーエージェント】EQ診断テストパートナーエージェント
全国対応!!総合買取専門店
全国ATM検索サイト!急な出費も大丈夫









posted by rocks1976 at 22:04| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

「ジミー・ペイジ and ロバート・プラント ノー・クォーター」ZEPの名曲の数々が新アレンジで蘇った!


ジミー・ペイジ and ロバート・プラント 「ノー・クォーター」

そもそも本作は、MTVの一連の大ヒット企画「アンプラグド」の要請で持ち上がったライブだったんだよねえ。
一曲目の「サンキュー」で既にジミー・ペイジがレスポールを弾いているから、いきなり掟破りなんだけど、ジミー・ペイジとロバート・プラントがレッド・ツェッペリンの名曲をアラブのミュージシャンを交えた新解釈で披露するというだけに大騒ぎになりました。ワールド・ミュージック的な新アレンジで蘇ったこの日のレッド・ツェッペリンの名曲。出来はやっぱり素晴らしかった! レッド・ツェッペリンの表看板とも言えるハードロック・ナンバーは演奏されなかったが、ちょっと通受けしそうな隠れた名曲ともいえる「限りなき戦い」や、シングル・カットされた「ギャロウズ・ポウル」、「ザッツ・ザ・ウェイ」など、どれも素晴らしい演奏でした!この日のライブのためにジミーandロバートが久々に書き下ろしたという新曲(4曲)は正直、レッド・ツェッペリン時代のクオリティには程遠い出来だったが、ライブ自体は大成功だった。ラスト「カシミール」のエンディング部分で、ロバートが「ブラックドッグ」の一説を歌い出した時の客のテンションは凄まじかった。きっと、この時、ジミー・ペイジとロバート・プラントはもう一度、レッド・ツェッペリンの曲でワールド・ツアーをやろうと決心したのかも知れない。この「MTVアンプラグド」を皮切りにジミー・ペイジとロバート・プラントはその後、大規模なワールド・ツアーに繰り出し、これまた大絶賛を浴びたことを思うとこの日のライブの意味合いは非常に大きいと思う。それにしても、ジミー・ペイジのしたたか振りには脱帽せざる負えない。何しろ、ロバート・プラントはレッド・ツェッペリン解散後、ソロ・シンガーに転向して以降というもの、レッド・ツェッペリン時代の曲を公の場で歌うことに強い難色を示していた時期だったからだ。
なのに、ロバート・プラントのあの弾けっぷりと言うか、吹っ切れた感を引き出したジミー・ペイジはやっぱり人をコントロールする天才だな。(笑)さすが黒魔術を信仰しているだけあるわあ〜(笑)うん、余りジミー・ペイジ大先生に近寄り過ぎると危険だな。幻惑されて、洗脳されたら大変だ!(笑)

ジミー・ペイジ and ロバート・プラント 「ノー・クォーター」
独自採点・92点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking








posted by rocks1976 at 17:06| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

「エアロスミス ライブ・ブートレッグ」絶頂期のエアロを捉えたライブ・ドキュメント!1978年発表。


エアロスミス 「ライブ・ブートレッグ」

1970年代後半、まさに絶頂期のエアロスミス、唯一のライブ・アルバムがこの「ライブ・ブートレッグ」です、と言う訳で、今日は気合い全開だぞ〜っ! この時期のエアロの演奏はライブの方がカッコいいな。スタジオ盤よりも勢いがあるような気がする。それも暴走列車のような危うさだ。いつ脱線して命を落としても不思議ではない、そんなスリル満点の危うさと、才能と若さに満ち溢れていた70年代後半のエアロスミスには、破滅寸前のロックンロール美学とエクスタシーとが、奇跡的なまでに混ざり合っていた。怪しい遊園地にあるジェットコースターに乗るような、スリルとでも言えようか? (笑)このスリルこそがロックンロールの醍醐味だって思うんだな。
選曲的にもデビューアルバム「野獣生誕」から5作目の「ドロー・ザ・ライン」までの代表曲をほぼ網羅している内容なので、70年代・エアロの生の姿を知る上でも貴重な作品だろう。スタジオ盤未収録の「チップ・アウェイ・ザ・ストーン」とカバー曲「アイ・エイント・ガット・ユー」、「マザー・ポップコーン」はレアだ!
あえて注文をつけるとすれば、アルバム「ロックス」(76年発表の代表作)からの曲をもっと収録して欲しかったと思うが、この「ライブ・ブートレッグ」が素晴らしいライブ作品であることに変わりはない。

エアロスミス 「ライブ・ブートレッグ」
独自採点・93点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking










posted by rocks1976 at 12:08| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。