2013年05月03日

「エアロスミス ナイン・ライブズ」 無敵の快進撃が止まらない。97年発表の名作!!


エアロスミス 「ナイン・ライブズ」

「ナイン・ライブズ」って、こんなジャケットだったかな?
俺が発売日の前日に買った日本盤のジャケットと違うな。俺が買ったヤツが初回限定盤だったのかな?
うん、多分そうだな、きっと・・・。
本作は、制作途中でプロデューサーの交代劇があったり、ドラムのジョーイ・クレーマーが脱退する!?という噂が流れたりして随分と難産でしたが、完成したアルバムを聴いた瞬間、そんなネガティブなニュースなど一瞬で吹き飛びましたね。「ゲット・ア・グリップ」や「パンプ」に勝るとも劣らない傑作です!
「フォール・イン・ラブ」は、ロック・ファンでなくともエアロスミスのカッコよさが十分に伝わる曲で、シングル・カットされヒットしました。王道のハードロック・バラード、「ホール・イン・マイ・ソウル」も超名曲です。「ホール・イン・マイ・ソウル」のような壮大なスケールで、しかもメジャー感のあるバラードは、昨日今日ブレイクしたような若手の青二才ロック・バンド如きには到底作れません。様々な紆余曲折を経ても尚、ロックの頂点に君臨するエアロスミスのデカさ、しぶとさ、存在感を改めて実感させられました。

エアロスミス 「ナイン・ライブズ」
独自採点・95点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1990年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
費用負担¥0のアフィリエイト【アクセストレード】登録無料!アフィリエイトはアクセストレード
ロリポップのドメインは選べる全105種類!!月額105円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
お得なレンタルサーバ情報
posted by rocks1976 at 19:09| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

「エアロスミス ジャスト・プッシュ・プレイ」全編エッジの効いたギター・サウンドが炸裂!2001年発表。


エアロスミス 「ジャスト・プッシュ・プレイ」

この作品はヘヴィだね。日本盤のみ「ミス・ア・シング」を収録してるから日本盤がお薦めだね。
映画「アルマゲドン」の主題歌「ミス・ア・シング」はエアロ初の全米ナンバー1シングル。この曲でエアロスミスを好きになった若い世代のファンも多いよね、きっと。タレントの熊田曜子ちゃんもエアロが好きらしいけど、彼女が好きなのは多分「ミス・ア・シング」のエアロだと思う。(笑)まさか「バック・イン・ザ・サドル」のお下劣変態ビートandリフに熊田曜子ちゃんが共鳴しているとは思えない。(笑)勿論、共鳴していたら嬉しいが。熊田曜子ちゃん、良かったら俺と「バック・イン・ザ・サドル」しようぜ!(自他共に認めるブタ野郎ですけど、何か・・・。(笑))
「ミス・ア・シング」が大ヒットしていた98年、俺丁度、ロサンゼルスに半年程住んでいたんだ。バンド仲間4人でコンドミニアム借りてね。いい思い出だったなあ〜って、今思い出した。ロサンゼルスのハイウェイを車で走っていたら、たまたま「ミス・ア・シング」がラジオから流れてきてね。当たり前の話だが、アメリカの広大な景色にこの曲ピッタリとハマるんだよ。やっぱり日本人には作れないスケールの曲なんだって痛感したよ。ロックにもお国柄って反映されるね。日本人はどっちかと言うと、イギリス人の感性に近いよ。UKロックとか日本のロックと似てるだろ?セコい感じが特に。(笑)「ミス・ア・シング」は最近のライブでもクライマックスに持ってくるから、もはやエアロの代表曲ですね! 

エアロスミス 「ジャスト・プッシュ・プレイ」
独自採点・95点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
【楽器高く売れるドットコム】
スマホ通販ならDeNAショッピング
アフィリエイトはアクセストレード登録無料!アフィリエイトはアクセストレード


posted by rocks1976 at 18:32| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

「エアロスミス ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション」11年振りの新作!!野獣完全復活!!


エアロスミス 「ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション」

昨年秋(2012年)、遂にエアロの新作が発表された!
この11年という長い年月の間、エアロ・ファンが待ちに待ったオリジナルアルバム完成である。手前味噌で恐縮な話ではあるが俺自身、近頃はめっきりCDを買わなくなった。余程好きなアーティストの新作でも出ない限り、ほとんどCDを買わない。ダウンロードしているからCDを買わなくなったわけではない。音楽その物を聴かなくなっていたのだ。でも、エアロの新作が出ると聴いて、発売日の前日に久々CD屋さんに走りました。
そりゃあ、何てたって11年振りの新作ですから。俺の中のロック魂が渇き切っていたね。久々のエアロの新作は俺をロック少年に引き戻してくれるには十分過ぎた! 途轍もなくカッコいい!(泣) 
東京ドームで初めてエアロのライブを観た時、余りのカッコよさに泣いた、あの時の感動が甦った!
1STシングルの「レジェンダリー・チャイルド」が一番好きな曲だが、この曲のリフはレッド・ツェッペリンの「ワントン・ソング」によく似ている。でも、展開が斬新で最高だ!
それにしてもスティーブン・タイラー(Vo)の歌唱力は相変わらズバ抜けて凄いっ! あのロニー・ジェイムス・デュオに「スティーブン・タイラーは史上最強のロック・ヴォーカリスト!」と言わしめたスティーブン健在です。って言うかまた凄くなってる気がするな。
余談だが、スティーブン・タイラーが「アメリカン・アイドル」の審査員をやったことで、最近またエアロスミスの旧譜がバカ売れしてるそうだ。後は来日公演を心待ちにしよう!!(嬉)

エアロスミス 「ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション」
独自採点・96点!!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
ロリポップのドメインは選べる全105種類!!ロリポップ!は月額105円〜で最大30GB!
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン
お名前.com Windowsデスクトップ


posted by rocks1976 at 10:23| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

「ドアーズ ハートに火をつけて」唯一無二の世界観が織りなす音像万華鏡!!


ドアーズ 「ハートに火をつけて」

レッド・ツェッペリンの全作品、エアロスミスの全オリジナルアルバムの紹介が終わり、ようやくひと段落した気分だ。今日からは少しランダムに色々なロックの名盤を紹介して行きます! あっ、エアロのライブ作品はやらないの?って、やりますよ!勿論。(笑)取り敢えず今日、紹介するのは伝説的なアメリカのロック・バンド、ドアーズの衝撃的なデビューアルバム「ハートに火をつけて」です!
全てに共通して言えることだが、ロック・バンドが売れるには3つの条件を満たすことが必要と言われているね。グッド・プレイス、グッド・パーソン、グッド・タイムス。つまり、必要な時に、必要な人が、必要な場所にいることが条件だと言う。サンフランシスコ出身のドアーズが、サイケデリック文化で湧く1960年代のアメリカ西海岸を代表するバンドとなり得たのも偶然ではない。彼らのカリスマ的な人気は当時の時代背景に於いて必然的にブレイクする要素を持ち合わせていたのだ。
カリスマ・・・。最近、やたら何にでもカリスマという呼称がつけられている気がするが、この世に真のカリスマと呼べる人など、そう多くは存在しない。ドアーズのシンガーであり偉大な詩人でもあったジム・モリソンほどカリスマと呼ぶに相応しい人は存在しないだろう。カリスマ主婦、カリスマ・ショップ店員、カリスマ読者モデル、カリスマ美容師・・・。カリスマって言葉も随分と安くなったもんだ。(笑)意味を考えてから使って貰いたいもんだ。(笑)一体、主婦や素人読モのどのへんがカリスマなんだよ!いいか、よ〜く聞けよ、巷にはびこるインチキ・カリスマ野郎ども!本当のカリスマってのはなあ、ジム・モリソンやジョン・レノンやイチローみたいなヤツのことを指すんだよ! まかり間違ってもお前らのためにある言葉じゃねえぞ!(笑)


「ドアーズ」DVD〜 監督:オリバー・ストーン 

 
話が大きく脱線しそうなので、ドアーズの話に戻ります。(笑)改めてドアーズって前衛的なサウンドだったと思います。バンド編成からして、ちょっと変わっている。ヴォーカル、ギター、オルガン、ドラムだけ。ベーシストいないんです。基本的に3ピース・バンドです。ロック・バンドでベースがいないって斬新でしょ?
コードも並行和音を多用したジャズっぽいコード進行が多い。サウンドやアレンジ全般に関しては、オルガン奏者・レイ・マンザレク御大がイニシアティブを握っていたと思うが、特筆すべきはモリソン(VO)のヴォーカリストとしての存在感だろう。歌が上手いとか下手とか、そういう次元の存在ではないね。モリソンは大天才だしカリスマだからね、それこそ長嶋茂雄さんみたいな存在。長嶋さんのバッティングに上手いも下手もない、だって彼は天才なんだから。(笑)ドアーズの音楽を初めて聴いたのは、自分がまだ10代の頃、18、19歳くらいだった。初めて聴いたのは、このデビューアルバム「ハートに火をつけて」だった。でも、その時は「なんかジャズみたいだなあ」くらいにしか思わなくて完全に素通りしてしまった。当時の俺はヘビメタ狂いだったので、ブルースとジャズの区別もロクに付かないガキだったのだから無理もないが。(笑)ようやく、ドアーズの音楽が理解出来るようになったのは、25歳過ぎてからでした。今では大好きです!でも凄く時間がかかりました。自分の中の「知覚の扉」(ドアーズ)が開くまでね。オリバー・ストーン監督の映画「ドアーズ」を観ると、彼らの世界観がぐっと近寄ってくるかもしれません。ドアーズ初体験の人にはこの映画もぜひ観てほしいなあ。このファーストアルバム「ハートに火をつけて」はポップでカラフルなサウンドが万華鏡のように展開するロック史に残る名盤です! でも、しいて言えば、ドアーズの音楽はR25指定にしたいですね。この良さガキには分からないと思うから。(かつての自分がそうだったように。(笑))

ドアーズ 「ハートに火をつけて」
独自採点・95点!
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
楽器を売って即現金化!
音と光の国内最大総合デパートサウンドハウス
ヌける女子アナ画像!
秘部丸出しに興奮


posted by rocks1976 at 17:54| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

「ジャーニー インフィニティ」78年発表の大ヒットアルバム!ジャーニー伝説はここから始まった!


ジャーニー 「インフィニティ」

実質的な意味では、この「インフィニティ」がジャーニーの1stアルバムと言えるだろう。このアルバム以前のジャーニーは専任ヴォーカリストがいない地味なプログレ風アメリカン・バンドだったんだから。
チャートの上位にヒット・シングルを送り込むべくジャーニーが行った大改革は、まず、いいヴォーカリストを迎えて確実なシングル・ヒット曲を生み出すことだった。そこで現れたのがスティーブ・ペリーという素晴らしいヴォーカリストであったのも何だか運命めいた予感すら感じます。スティーブ・ペリーのクリアーでダイナミックなハイトーン・ヴォーカルはジャーニーを80年代のイーグルス、つまりアメリカン・トップ・グループに押し上げるのに十分でした。この「インフィニティ」は彼らの思惑通り大ヒットしました。
ジャーニーって、ルックスはさて置き、(若い頃はみんなそれなりにカッコ良かったぞ!勿論(笑))本当に楽曲の良さやアレンジの完成度の高さで勝負出来るバンドだった。ホントに曲が素晴らしいし、演奏メチャクチャ上手い!ヴォーカル・ハーモニー(コーラス)もロック界随一だよ。ハード・ロックの大音量であんなに綺麗にハモれるバンドって、意外といない。(ドッケンもハモりは見事だったけど。)
3連のロック・バラード「ライツ」は彼らのホームタウンであるサンフランシスコに捧げた名曲。如何にもアメリカン・ロックな名曲です。この曲を聴くとサンフランシスコ湾の景色が浮かび上がるね。って、行ったことあるのか、お前? うん、2回ほど行ったことあるんだよ、サンフランシスコ。 いい所だよ! チャイナタウンは汚いから嫌いだったけど。だって、レストランのショー・ウィンドウにゴキブリ這ってたりするんだぜ、汚ねえだろ、絶対。(笑)まあ、いいや・・・。
このアルバム「インフィニティ」は「ライツ」の他にも「ホイール・イン・ザ・スカイ」、「ウィンズ・オブ・マーチ」というジャーニーの初期の代表曲が収録されている点にも注目です。「ホイール・イン・ザ・スカイ」は、今でもライブのアンコールで演奏しますからね!バンドにとってよほど大切な曲なのは確かですよ!
「ウィンズ・オブ・マーチ」はジャーニーにとっての「天国への階段」だと言える超名曲でしょう!実際、曲構成もレッド・ツェッペリンの「天国への階段」に良く似てる気がしますね。マイナー系のバラードで、後半壮大なロックに変わるスケール観が凄いです!このアルバムでは「ウィンズ・オブ・マーチ」が個人的には一番好きです!モンスター・バンド、ジャーニーの伝説は、まさにこの「インフィニティ」から始まった!このアルバムがロック史に於いて記念碑的な作品であることは間違いない。

ジャーニー 「インフィニティ」
独自採点・94点
(100点満点中)
にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
全国対応!!総合買取専門店
≪買取王子≫電話一本で自宅集荷
全国対応!!フィギュア買取専門店


posted by rocks1976 at 22:29| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

「モトリー・クルー 華麗なる激情」1982年発表!LAメタルの重鎮、衝撃のデビューアルバム!


モトリー・クルー 「華麗なる激情」

モトリー・クルーが「ROCKS」初登場! 1982年のメジャー・デビュー作、「華麗なる激情」!
今回、このブログ記事を書くに当たって久々、本作「華麗なる激情」を聞き返してみた。
1曲目、「ライブ・ワイアー」のメタリックなリフ、曲構成、どこを切り取っても100%モトリー印の名曲だね! モトリー・クルーって、ホントにオリジナリティあるバンドだよな。あの当時、従来のハードロックとも全く違うバンドだったし、アイアン・メイデンのような本物のヘヴィ・メタルとも違ったね。全く新しいタイプのロック・バンド。そう、LAメタルの誕生だ! モトリー・クルーの出現で、アメリカ・ロサンゼルスを中心とした一大LAメタル・ムーブメントが起きたんだから、やっぱモトリー・クルーの個性やスター性って、特種だった。ロック界が生んだ突然変異の化け物、それがモトリー・クルーだ! 
ガチガチのメタルのように見えても、ポップなメロディ・センスも持ち合わせているバンド。本質的にはロック・バンドなんだけど、その個性故にLAメタルというジャンルを作り出し、今日まで牽引するほどの人気と実力を兼ね備えている世界最高のロック・バンドの一つです!そんなモトリー・クルーのファーストアルバム「華麗なる激情」の勢いはハンパないぞっ! 荒削りなサウンドで詰めも若干甘い気がするが、この勢い、オリジナリティ、そしてカッコよさに勝る存在は皆無だ!

モトリー・クルー 「華麗なる激情」
独自採点・92点
(100点満点中)

にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

大切なブランド高く買取ります!
ガル・エージェンシー錦糸町店
おいしい水の宅配





posted by rocks1976 at 23:08| Comment(0) | 洋楽アルバム!  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。